• 小池

冬になりやすい病気


こんにちは、ウェルワンの小池です★

冬に気をつけるわんちゃんの病気を紹介します。

①関節炎、ヘルニア、脱臼

気温の低下や気圧の変動などにより、血行が悪くなって痛みを感じやすくなると考えられています。

②呼吸器系

寒さや乾燥した空気は、咽喉や気管を刺激して咳の原因ともなるので要注意です。

③心臓病

冬場の急激な気温の変化(暖かい部屋から寒い屋外に出る)は、血管を収縮させて血圧を急激に上げ心臓への負担が増し、心臓麻痺を起こし得ることが多いようです。

特に老犬などは温度変化に注意が必要なので暖かいお洋服を着せたりワクチンをしっかり打つことが大切です!!

皆さんも気をつけてわんちゃんを見ててあげてくださいね!!

終わり☆


34回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

鼻紋