• 小池

マイクロチップについて



こんにちは、ウェルワンの小池です。



本日は、マイクロチップについて色々とお話していきたいと思います!!


まず、マイクロチップとは?


長さ8mm~12mm、直径2mm程度の円筒形で、アンテナとICを内蔵している「電子タグ」です。


15桁の固有の数字がデータとして記憶されていて、「リーダー」と呼ばれる専用の読取機を使ってそのデータを読み取ることができます。


ペットにマイクロチップを装着していば、迷子や災害などで飼い主さんと離れ離れになった動物が保護された際、自治体や動物病院がリーダーでマイクロチップの情報を読み取り、すぐに飼い主さんに連絡をとることができます。



マイクロチップの耐久年数は30年程度で、作動に電池は必要ありません。途中で交換する必要はなく、一度埋め込むと半永久的に使用できます。 



マイクロチップはどのように体内に入れるかというと、、、


皮下注射です。通常より少し太いようです。



マイクロチップの利点


①迷子の発見

②殺処分の減少

③ペットの悪用が出来ない


などです。


世界的にもマイクロチップの装着が義務化されつつあります。


マイクロチップを装着は、犬は生後2週、猫は生後4週頃から埋め込みができると言われています。


なので、ペットショップで販売されているわんちゃん等は装着されているわけです♪



ペットを飼う以上必ず責任を持って育ててほしいな、、と心から思います。



では、本日はここまで★

終わり

49回の閲覧0件のコメント