• 小池

ハムスターについて



こんにちはウェルワンの小池です! 皆さんハムスター飼ったことありますか? 私は幼い頃ハムスターを飼っていました!ちなみにジャンガリアンハムスターです(^^)


ハムスターの事はよくわからず間違った飼い方をしていたと感じます。 そのためハムスターを飼っている方が多いと感じ、本日は正しいハムスターの飼い方についてお伝えします!


代表的なハムスターの種類では、ゴールデンハムスターとジャンガリアンハムスターがいます。 ゴールデンハムスターはメスの方が大きくジャンガリアンハムスターはオスの方が大きい傾向があります。 ゴールデンハムスターもジャンガリアンハムスターも乾燥した地域に生息する動物です★


ゴールデンハムスターは緯度の低い地域に生息していますが、夜行性で暑い日中は地下の涼しい巣穴で過ごしてので、思いのほか暑さにも弱いです。


ジャンガリアンハムスターは緯度の高い地域に生息しているので、暑さに弱く、寒さに強いのですが寒すぎれば冬眠に陥るので、寒さも塞がないといけません。


ちなみに、幼い頃飼っていたハムスターはよく冬眠していました。知識がない上に何度も冬眠状態を繰り返すと全身状態の悪化や寿命の短縮につながるようです(;_;)



ですので、ゲージの置き場所は直射日光の当たらない、なるべく温度の日変動がない場所で日中に騒がしくない場所におくべきです。 またゴールデンハムスターの寿命は生後2〜3年、ジャンガリアンハムスターは2年〜2年半です。


ハムスターを抱き上げるときは上からつかまず、下からすくいあげるようにし、上からそっと手で蓋をして飛び降りないようにします。


この抱き抱え方も私は間違っていました、、、


今、思えば、とっても可愛がっていましたが可愛そうな飼い方をしていたと思います、、、


ペットを飼う上で知識は必ず必要です!!

ペットショップで簡単に飼える時代ですが安易にペットは飼わず考えて知識をつけた上で飼うようにしましょう!!


全て命ですから大切にしたいですね(^^)❤︎





終わり


11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示